本文へ移動

地球のための技術

限りある資源を再利用し、環境を再生する

21世紀の建設業が担う使命としては「地球環境の保護、再生」があげられます。
当社戸田組は建設土木廃棄物の減量化(Reduce)および再利用(Reuse)と再生利用(Recycle)をめざします。さらに地球環境再生のために緑化推進のための各種技法を研究し、導入しています。

MINOWA GREEN SYSTEM

ミノワグリーンシステムによる緑化推進・環境再生

法面の緑化工事の効率化、低コスト化は、土木工事において常に要求されています。
私たち戸田組は、植物発生材を破砕した木質チップと添加材を散布直前に混合し、種子とともに法面に散布する『植物生育基盤材散布装置=グリーンファイター』を使用し、廃木材再利用緑化工事を行っています。

Ecology Green Plant

エコロジーグリーンプラント

採取場の裸地を保全します。動植物の生態系を維持する為にできる限り在来種の保護・保全リサイクルをすることが重要です。
採取
運搬
植栽

業界、最新鋭機「リテラRETERRA」を導入

建設発生土を高品質な「改良土」に。
リテラ RETERRA
従来工法では発生土改良の場合、ライフサイクルコスト増大と品質面、環境面の問題がありました。「リテラエ法」導入により、土質に応じて最適な混合性を発揮することができ、大規模工事に対応した土質改良を高品質に大幅に効率生産することができます。
リテラ
建設発生土改良
リテラ
土壌と地盤を改良
リテラ
汚染土壌の処理

現場再生骨材工法

ガラパゴス
現場再生骨材工法(廃材コンクリートの100%再利用を目指して)

自走式破砕機により、コンクリートガラを再生骨材にリサイクルします。処理プラントまでの運搬費の低減および輸送による交通渋滞、騒音、振動、排出ガスの低減が計れます。
TOPへ戻る