本文へ移動

最新技術・工法紹介

最新技術の情報化施工(ICT施工)を行っています。

最新の技術をいち早く導入することで、正確で早く、そして安全に現場作業をおこなっております。見た目ではわかりづらい場所でも的確に対応しています。

情報化施工

設計データを元に、3Dデータを作成します。 重機に3Dデータを登録し、グラウンドの路盤工・鋤取り・表層工等をデータ通りに自動で調整して作業を行います。

測量

データ化

3Dデータ

作業と同時に位置・高さ情報を取得し、現場内で3Dデータとの誤差を確認します。 データを元に重機の制御をアシストすることによって複雑な勾配での作業でも計画通りに工事を進めることができます。

UAVを使った管理

ドローンによる空撮によってグラウンドの高さのばらつきを確認します。

グラウンド空撮による比較

before
after
ドローンで撮影し、施工の効率化を図ります。
TOPへ戻る